福神漬とピラフ

十三年前に北千住に住んでいた頃、今はルミネのスープストックがあった場所に洋食屋さんがあった。そこの洋食屋では、エビピラフに福神漬けが添えてあり、初めて食べた日からピラフと福神漬けの組み合わせの虜になった。ある時、メニューは、ほぼ同じだけど、オーナーが変わった空気を感じ、その時からピラフには福神漬けはつかなくなった。ああ、あの味はもう食べられないんだと思って、ものすごく悲しい気持ちで福神漬けのないピラフに味気なさを感じながら食べてお店を出た。あの味を思い出して、家でつくる炒める系のご飯には福神漬けとらっきょうを添えたり、切り刻んで混ぜ込む。でも、あの店であの味が食べたいんだよなあって思うけど、今は、もうあの味もあの店もない。外食はお金がかかるけど、食べたいと思ったら、できるだけその味を身体に染み込ませておきたいとおもった。(でも、大阪に来てからはお店が近くにないのと節約思考で、まだふらっと行けるお気に入りのお店がないので、大阪のお気に入りのお店を作りたいなと、カレーピラフを食べながら思った日記)